FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妄想家と言う名の基地外がUFOはあると力説して袋叩きにされてたのでひとつ。

まず俺は、
広義としてのUFOならば存在はする。
狭義としてのUFOならば存在はしない。
と思ってる。

広義=未確認飛行物体 unknown flying object
狭義=円盤状のよく言うあれ。

理由は後でまとめて書く。

で、エイリアンについてだけど。
これも俺はいると思ってる。
UMAとか言ったりするかな
unknown なんちゃら animal ?
未確認生物。


さて、理由だけど、まずこれだけは言っておく。
宇宙 でググってウィキペディア見て。
そこに書いてある考え方を前提とします。
特に「宇宙の始まりであるビッグバン」


ビッグバンから宇宙は始まった。
そして地球と言う星や太陽からなる太陽系が構成された。
これを覚えておいて。

で、次に問いたいんだけど

人間の起源ってどんなんだった?

まず水生の微生物が誕生しました。
微生物が進化して水生生物となりました。
水生生物が進化して両生類になりました。
両生類から派生してサル系の動物になりました。
サル系の動物から進化してアウストラロピテクスやホモサピエンスになりました。

って言うのが人間の起源だよね。

で、それは数十億年前に宇宙空間の地球という星で起こったこと。

ここで確認したいのが
ビッグバンを否定することは太陽系の存在
もっと言えば自分の存在を否定することになる。

ビッグバン以外の方法で宇宙が誕生したと言うかもしれないが
科学者だって馬鹿じゃないんだ。
それが間違いならばそんな理論を広げないはず。
現段階で最も信頼できる理論であるし否定することができないから肯定してるの。
まあその辺はwiki読んでくれ。


で、だ。
人間というのは地球で自然発生した生物から進化して今がある。

そして、アンドロメダ銀河やおとめ座銀河団なども発見されている。
これが意味するところは
地球に似た資源の豊富な惑星が存在してもおかしくないということ。

これもwikiに載ってるんだけど
宇宙の観測可能な距離って、宇宙が誕生してから光が届いている範囲に限られるんだよね。
そして日々その距離を伸ばしている。

そしてビッグバンの考え方で、宇宙は膨張し続けているものと思われるから
恒星の光が届いていない範囲の遥か彼方に
地球に似た資源の豊富な惑星が存在するかもしれない。
否、むしろ無限に近い数ある惑星で
生物が生存できる星が地球のみと考える方が無理がある。


そして、その生物は人間に似た格好であるとは限らないし
もっと言えば酸素を吸って生きる生物では無いかもしれない。
同じ物理法則の中で人間より強い力を持っているかもしれないし
地球にはない元素が存在してそれを利用して何かありえないことができるかもしれない。

それらを確信することは出来ないと共に
否定することさえもできない。


確信することは出来ないと共に
否定することさえも出来ない。

大事なことなので二回言いました。


そろそろわかると思うけど

そうゆう考えを持ってるから
広義では存在し、狭義では存在しない。
そういう考えに行き着くわけだ。

だいたいさ、観測できるつっても
アンドロメダ銀河でさえも300万光年ぐらいあるんだぜ?
光の速度で進んでも300万年かかる。

まあ寿命や時間感覚は異なるのはそうだろうけど
人類の3万倍以上長生きできるって言うのは信じがたい。

まあでもね?
なにも太陽系が一番初期であるわけがない。
wikiによれば宇宙が137億年前に誕生した?
んで地球が60億年前に誕生した?

これが真実ならば太陽系なんてまだまだ真ん中じゃん。
もっと古い銀河系があって当然と考えるのが普通でしょ。
あと、どちら側から誕生したとかそうゆうのわかんないんだから
どれが最古かなんてわかんないよなあ。
まあ恐らくは最古の銀河系は既に消滅したか未だ闇の中。

めんどくなってk(ry

まあ、地球に来ることができる可能性はある
地球外生命体がね。
でも、それならそれでもっと明確に発見されてもおかしくないし
環境の違いから即死滅しその死体が見つかってもおかしくない。



まあつまり
地球に来たとか言う話は信じないけど
全くもって生物が存在しない理由にはならないし
否定する材料も肯定する材料もないってこった。


だから楽しいんじゃん。
漠然と想像するのが。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ネトゲ放浪-朱紅の旅-. all rights reserved.
FC2 BLOG

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。