スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンラインゲームと家庭用ゲーム
どちらが金銭的に得か。

それぞれの環境によるでしょうね。

比較するわけだから、オンラインゲームするとか以前に
インターネット接続が定額のプランに加入してることは大前提
その上でどれだけ違いがあるか。

まず家庭用ゲームから
ハードの平均価格は2万5千円としよう
PS2とDSとPSPとwiiのソフト平均価格は恐らく5500円程度。
モンハン厨の600時間はさておき
社会人がゲームする時間っていうのは大体3時間/日ぐらい?
週休二日、休日はたくさんやる廃人と仮定すると週40時間はやりそうかな。
このぐらいやると、大抵のRPGはクリアできてしまう。
駄作、やりこみ要素なし、やりこませゲーの平均で
1ソフト平均60時間ぐらいあれば満足して次のソフトにいくだろうか。
となると一月に(週40時間*4週)/60時間 =2.666・・・本のソフトをプレイ
発売状況とか、2週目の概念とかを考えると年12タイトルがせいぜい。
よって5500*12=66000円。
※エロゲは含まない
あくまでPS2,DS,PSP,wiiという人気ハードの概算
これに電気代を考えると、60*52=3120時間
東京電力の第1段階で考えると1kwh=15.58円
TVは約90wなんで、ハードの分考えると120wぐらい?
(3120*15.58*120)/1000 =5833.152円
第2段階突入を考えて6000円と仮定。
つまりハード代+ソフト代+電気代で
年間25000+66000+6000=97000円なり。
※オフラインゲーマーの廃人。

続いてオンラインゲーム。
これは1つのタイトルで廃人+平均的な課金を目安にする
一般的なシステムのMMORPGとする。
平均プレイ時間はオフラインゲームに同じ。=比較対象を同じに
計算めんどいけどPCの電気代自体はさして変わらないはず。
デスクトップPCが平均60wと17インチ液晶で70w=130w
7000円とするか。
で、ソフト代は0円。代わりに課金額が発生
ハード代として、グラボ+CPUを良いものにしたとして
グラボ2万、CPU2万で4万円。
経験値2倍の価値はゲームごとに違うので、大体で月2000円ぐらい*12=24000円
カバン拡張月300円、倉庫拡張月300円。=600円*12=7200円
年に2回ステータスとスキルを再振りするとして、1000*2*2=4000円
課金乗り物が月600円。*12=7200円
課金ペットが月700円。維持費400円=700+400*11=5100円。
ゲーム内で課金アイテムの販売が行えるとして、
それをゲーム内の資金源にすると年で1万5千円ぐらい売るかも。
合計すると40000+24000+7200+4000+7200+5100+15000+7000=109500円

差額12500円。

家庭用ゲームでも、攻略本を買えばそれだけ増えるし
ネットで情報サイトを見ればそれだけPC分の電気代がかかる。
オンラインゲームでも、最初の一月は経験値2倍いらなかったり
課金ペットの概念がないタイトルも多い。
あったとしても途中から実装とかで、12か月フルに使うわけではない。
カバンや倉庫の拡張が不必要なぐらいアイテムがいらなかったりする場合もある。

以上を考慮すると、廃人にとってはどちらの道を選んでも同じなんじゃないかなあ。

俺は断然ネトゲを選ぶけどね。
外でも家でも、質は違えど友達と遊べるなんて素敵じゃない。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ネトゲ放浪-朱紅の旅-. all rights reserved.
FC2 BLOG

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。